燃料材関連実態調査

燃料材の利用、安定供給、コスト低減に向けて当協会が実施した調査を整理しています。

成果報告書

放置された旧薪炭林(かつて薪や炭の生産を目的として仕立てられた森林)の有効活用を目的として、広葉樹施業に取り組む日本全国の事業体を調査しました。調査結果を元に、旧薪炭林の特徴を踏まえた森林施業方法や利用可能資源量の推定方法についての検討結果を整理しています。

成果報告書は下記報告書ページをご覧ください