「木質バイオマス熱利用 (温水)」を成功させるための技術研修会

脱炭素社会を実現していくためには木質バイオマス熱利用の加速度的な拡大を図っていくことが必要です。効率的な木質バイオマス熱利用の具体化ができれば、市場規模の拡大が見込まれます。また、当協会の要望等を踏まえ先般の規制改革において、日本でも通常規模の温水ボイラーについては有圧であっても「簡易ボイラー」として取り扱
うとされたところです。
この状況下で、当協会として木質バイオマス熱利用の効率的なあり方を標準化した計画実施マニュアルを作成しました。これを受けて、木質バイオマス熱利用施設の計画作成、設計、設置等に取り組まれている方々、今後取り組もうとしている方々に参加いただく研修会を実施いたします。 

日時 2022年10月19日(水)、20日(木) (各日 4時間、合計8時間)
開催方法 オンライン(Zoom予定)
対象 木質バイオマス熱利用に関わるコンサルタント、設計事務所、ボイラーメーカー、建設業者等の職員の方々
定員 20名程度
参加費 6万円 (テキスト代金・郵送料込)
※テキストを既に購入・所持している方は5万円 

研修内容と講師

システム構築の基本的考え方とポイント

日本木質バイオマスエネルギー協会 顧問 加藤 鐵夫 氏
ボイラー及び関連機器の設置・利用における留意事項 元 巴商会 常務取締役 池田 文雄 氏
熱負荷分析のやり方(実習も含む) WBエナジー エンジニアリング部 工学博士 山崎 尚 氏
システム設計(回路と制御)の考え方と実際 小野コンサルティング事務所 代表 小野 春明 氏
ボイラーの選択、事業性の評価

元 神鋼リサーチ 代表取締役 黒坂 俊雄 氏

申し込み方法

以下申込ボタンよりお申込みください