書籍購入申込窓口

地域ではじめる木質バイオマス熱利用

関心が高まる木質バイオマスエネルギーの「熱利用」に関する知見を集結しました。熱利用の意義から燃料材の特徴、熱利用に関する技術、導入までのポイント、コストまでを解説しています。熱電併給や導入先の事例などもなども盛り込んでいます。

182頁 2,640円(本体2,400円)

木質バイオマス熱利用(温水)計画実施マニュアル

今、脱炭素社会の実現は喫緊の課題です。そして地域の森林資源を活かすことが求められています。こうした課題を解決するには木質バイオマスの熱利用が有効です。しかし、化石燃料ボイラーを置き換えるだけではうまくいきません。木質バイオマスの特徴を理解したシステムづくりと運営が必要です。
本書は、木質バイオマス熱利用について、プロジェクト管理の必要性や燃料特性、ボイラーの特徴といった基本的な内容から熱負荷分析やコスト積算、それを踏まえた計画作成、施工、維持管理までの実行面について詳細に説明しています。こうしたマニュアル本は我が国初のもので、失敗のない効率的な事業実施のための必読書となっています。

基本編 240頁
実行編 209頁

各6,600円(本体6,000円)

目次

基本編
第1章 ネットゼロに向けた世界の動向と木質バイオマスエネルギー熱
第2章 木質バイオマス熱利用の考え方と本マニュアルの作成目的
第3章 プロジェクト管理の必要性とポイント
第4章 木質バイオマスの燃焼特性
第5章 木質バイオマス燃料(チップ・ペレット)
第6章 木質バイオマスボイラーの特質
第7章 熱利用システムの構成と関連機器
第8章 安全対策及び関係法令の規制

実行編
第9章 木質バイオマス熱供給システム設計の基本的考え方(回路と制御)
第10章 熱負荷分析
第11章 コスト積算・事業性評価
第12章 事業構想
第13章 FS調査・基本設計
第14章 実施設計
第15章 事業の発注、着手
第16章 施工・試運転
第17章 維持管理・メンテナンス

購入内容入力フォーム